PAGE TOP

魚の気持ちを
解き明かす

「魚の気持ちを知りたい」

釣り人なら誰もが一度は
考えたことがあるはず。

人は石器時代から釣りをしていた。
その頃から釣れた時の
ドキドキは変わっていない。
一瞬のドキドキを求めて、
魚のことをもっと知りたいという
思いも変わっていない。

スマートルアーは
釣り人の知恵を束ねることで
魚の気持ちを解き明かす会社です。

大事なのは
水の中のモノゴト

魚は水の中にいる。
人がどんなに観察しても、
水の中のことはわからないことが多い。

魚が好む場所の水温は?
そこはどれくらい明るくて、
魚はどれくらいものが見えている?
魚が反応するルアーは?アクションは?
釣りで大事なのは水の中のモノゴト。

キャストするだけで、
魚がどんな環境にいて何に反応するのか、データで把握できる。
データを束ねて魚の気持ちに迫る。
そんなプロダクトを作り上げます。

*画像は開発中のものです。

スマートルアーの最新情報は
メルマガ、SNSで配信中!

メルアドを入力してメルマガ登録、
またはSNSをフォロー!

  • YukiOkamura
  • 岡村 雄樹
    代表取締役社長・創業者

1972年、千葉県出身。東京理科大基礎工学部生物工学科卒。全国紙記者などを経て、 2013年グロービス経営大学院修了(MBA)。

2016年4月、株式会社村田製作所とクラウドファンディングのMakuakeが主催した 「IoTアイディアコンテスト」で優秀賞を受賞。2017年3月、株式会社スマートルアーを設立。

中学生のころは、千葉県周辺でコイ、ブラックバスを釣っていた。2015年に北海道に移住後、 トラウトフィッシングに没頭している。

  • SatoshiMoriwaki
  • 森脇 諭
    暫定CTO・共同創業者
    (Chief Technology Officer)

1970年、東京都出身。東京大学大学院、数理科学研究科修了。携帯電話メーカーで信号処理ソフトウェアの開発、 インターネットビジネスの立ち上げを経験。その後、シリコンバレーにて大手IT企業のマネージャーとして 画像処理ソフトウェア開発をリードする。

小学生の頃から海釣りやルアー釣りを始め、現在は本場のアメリカでバスフィッシングを楽しんでいる。

  • DaisukeFunato
  • 船戸 大輔
    暫定CPO・共同創業者
    (Chief Product Officer)

1981年、北海道出身。公立はこだて未来大学システム情報科学研究科博士前期課程修了(2007年)にて 情報デザインを主に学んだ後、フリーランスとして業務としてソフトウェア開発・システム構築、その後法人化。 2014年から札幌国際芸術祭のテクニカルエンジニアとして主にメディアアート分野等のアーティストの 作品制作のサポートなども行っている。

釣りは小さいころは川、今は主に札幌近郊でロックフィッシング。

  • SotaTakahashi
  • 高橋 奏太
    マーケティングディレクター、共同創業者

1998年、兵庫県出身。2016年、大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業後、同年、北海道大学に入学。 2017年に理学部生物科学科高分子機能学専修に移行し、休学中。 在学中に、科学をエンタメにするメディアSciRealの立ち上げを主宰し、メディア運営やサイト制作を行う。

小さい頃は川で練り餌を使った簡単な釣り、海に行った時はサビキ釣りなど。最近はロックフィッシングも始めた。

  • SotaTakahashi
  • 石井孝佳
    ハードウェア・エンジニア

1968年、福島県出身。仙台電波高専卒。スマートルアー社員壱号。IoT機器や、アンドロイド型ロボットの開発に従事。ハードウェアスタートアップの国内最大級の拠点、DMM.make AKIBAに開設当初から入居。豊富な経験で“主”とあだ名されている。 ウナギ釣りが得意。シーバス釣りを最近始めた。著作に「自作ロボット入門―アニマトロニクス編」。好きな言葉は「キャッチアンドイート」。

  • GunzoKawamura
  • 川村 軍蔵
    アドバイザー

1944年北海道出身。北海道大学水産学研究科漁業学卒業(水産学博士)後、 鹿児島大学で教授などをつとめ、現マレーシア国立サバ大学Distinguished Fellow。 代表的な著書に「魚の行動習性を利用する 釣り入門」(講談社ブルーバックス)など。平易な解説と学術的な裏付けに評価が高い。

会社概要

法人名 株式会社スマートルアー
代表取締役 岡村雄樹
所在地 札幌市中央区宮ヶ丘
事業内容 ・IoTを活用した釣り人むけ情報流通市場の創設
・釣り人向けデバイスの開発、設計
・釣り人向けメディアの運営
設立 2017年3月30日
法律顧問 AZX総合法律事務所
会計顧問 公認会計士高橋悠一事務所

沿革

2016年4月

村田製作所とMakuakeが主催した「IoTアイディアコンテスト」で優秀賞
詳細はこちら(外部リンク)

2016年10月

No Maps NEDO Dream Pitchで最優秀賞
詳細はこちら(外部リンク)

2017年3月

会社設立

2017年5月

SHARP IoT.make Bootcampに参加
詳細はこちら(外部リンク)

2017年10月

「フィッシング支援システム」の特許出願

2018年3月

北洋銀行ドリーム基金、北海道銀行中小企業人材育成基金から、助成金各100万円を取得
北洋銀行ドリーム基金の詳細はこちら(外部リンク)
北海道銀行中小企業人材育成基金の詳細はこちら(外部リンク)

オウンドメディア「スマルア技研」をリリース
詳細はこちら(外部リンク)